Ut-6L7G
2005.12.17
種類 周波数変換管
解説

東京電気開発の真空管で,我が国独自の周波数変換用の7極管(5格子管)。2A7(6A7)の後継球。短波受信に重点をおき、ミキサー専用で開発されました。元々は米国6L7Gですがオクタルベースを止めて7本足(第5グリッド電極の単独外部引出)で開発されました。

サンプル Ut6L7G 製造ラベル印字内容読めず ベースにマツダ刻印 

真空管の索引に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO