SX−1
2006.3.18

種類 超短波発振、増幅用3極管
解説 超短波帯(波長60cm以上)使用を目的に最大許容陽極損失は20Wとして開発されました。プレート、グリッドとも管頂から引き出されており絶縁には注意が払われています。電極間静電容量を極小ならしめてあり、主として超短波発振管として賞用される。
規格
(A級増幅)
全長 132mm
直径 45mm
加熱線條電圧(V) 2.0V
加熱線條電流(A) 4.25A
陽極電圧Ep(V) 350V
格子電圧(V)Eg1(V) -30V
陽極電流Ip(mA) 60mA
相互傳導率gm(μモー) 1850
増幅率 5
最大許容陽極損失 20W
出典
綜合型録 東京電気(株)
昭和15年12月発行
【標本】
■マツダ

■ベース:
■ベース底:
■管横:
■電極支持:
■材料:
■製作年:

真空管の索引に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO