SMー152
2006.2.11
種類 送信用3極管
用途 開発時期がはっきりしませんが、大正末期から昭和初期の頃と思われます。サンプルはベースを紛失していますが、元々は3本足のベースが装着されていました。型名称に「SM」が表示されていますがこの「S」は短波用を示しています。一般用途のUM型は陽極損失が36Wですが、サンプルのSM型は30Wとやや制限されています。
サンプル サイモトロン SM152

真空管の索引に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO