P-560
2006.2.11
種類 5極送信管
用途 元々UV-1085Bの名称が与えられていたが、昭和16年の送信管命名法が統一され、P-560となりました。最大陽極電圧2,000V、出力は250Wを出すことができました。
サンプル 東芝通信 19.10

真空管の索引に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO