自の魂/NEW SELF
2004.6.13

種類 発振用3極管
用途 自の魂:知らない人が聞けば、なんとも珍妙な管名で「みずから の たましい」と読みます。家庭用で超短波治療器「自の魂」に搭載された真空管。原型は12Aで初期の頃はダブルゲッターでしたが後年シングルゲッターとなりました。「自の魂」は派生球があり、SK180,SD408,SK408が確認できています。このうちSK180は電極の引出線がプレートとグリッドが入れ替わっていることで有名です。

NEW SELF:「自の魂」が伊藤超短波、雄工社、アコマなどの製品に搭載されましたが、関西地方には「関西超短波」という会社が登場(上記会社との関係は不明)し、多くの種類の超短波治療器を作って販売しています。使用真空管は807や6146Bなど汎用球が使用されましたが小型の治療器には12A相当の「NEW-SELF」球が搭載されています。この「NEW-SELF」球の製造会社は不明ですが、管壁がスートされている特徴が」あります。
サンプル

真空管の索引に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO