MC-656B
2005.12.17
種類
解説

日本電気が1938-1939年頃開発した簡易増幅用5極管(4.5V, 0.5A)。先のMC-656Aのヒータ電流を101-F系と同じ0.5Aとしたもの。1939年,CY-501Fという名称で逓信省の標準品となった。 後のMC-656C/CZ-501Dと比べると省エネタイプで,gm57%程度と低いが,ヒータ電力は65%,所要+B電圧も低め。

サンプル

真空管の索引に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO