FG-1
2006.3.18
種類 水晶振動子
用途 正しくは真空管ではありませんが、FGについて貴重な情報が掲示板に投稿されていますのでこちらに再録します。(掲示板は月がたてば自動消去されてしまいますので・・・)
※掲示板投稿内容(原文のまま)
本館のリストの中に「FG」をリンクしたところ、正体不明とありましたのでわかる範囲でご連絡させていただきます。あれは真空管ではなくて真空封入の水晶振動子です。オクタルのあのタイプではFG-1〜FG-6までありまして、写真のものは多分FG-1だと思います。振動周波数は標記から100kHzでしょう。偏差は±0.005です。
MTやノーバル管型もあります。大変貴重なもので周波数原器に使えるので今でも欲しがる方はいるのではないでしょうか?会社名は『(株)金石舎研究所』と言いまして、水晶振動子やフィルタなどその関連デバイスと発振器などが主な製品です。昭和50年頃の記憶ですが、当時は本社が東京世田谷にありました。
サンプル FG-1 Kinsekisya

真空管の索引に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO