6R-AL1
2004.11.20

種類
メモ

白黒TV垂直偏向(発振・出力)用の非対称双3極複合MT管。日立1961年。トランス付き6.3Vとトランスレス600mAに対応。12G-B3と組合わせて14kVまでの高圧パルスに対応。
9R-AL11417インチ程度の110度偏向TVの垂直偏向発振・出力用に日立が開発した中増幅率3極複合管です。原型は米国6DE7および6CS7で,電圧増幅・発振部のユニットは6/10DE7に同じ,出力部は6/10DE7の低増幅率出力ユニットを6CS7の中増幅率出力ユニットの特性にしてパービアンスを50%UPしたものとなっています。大型ブラウン管が主流の米国では,110度偏向用垂直出力管は低増幅率3極管が主流になり10DE7(600mA)6DE7(6.3V)が開発されましたが,国内では10DE7は東芝が1958年にまた6DE71961年に国産化していました。一方,中増幅率管はブースト電圧を利用して高電圧動作させないと出力が得られないため米国では嫌われましたが,小型ブラウン管が主流の日本ではむしろ感度の良さが買われて人気があり,従来品種の110度偏向用が望まれていたのです。

 出力部の電極構造ですが,プレート厚み(PK)6/10DE7よりもやや薄く6CS7(μ15.5)と同じ寸法になっています。プレート縦横寸法は6CS7(8mmX20mm,フィンは6mmX20mm2)がよりも大きく6/10DE7(12mmX25mm,フィンは7mmX25mm2)と同じです。最大プレート損失は6/10DE7(7W)に対し8Wです。ヒータ電流は6CS7(電圧部は12AU7片ユニット相当なので,出力部は6.3V,0.45A)から(6.3V,0.71A,電圧部は0.15A程度)と約1.5倍で,パービアンスが50%UPしています。このため,ゼロ・バイアス電流が1.5倍になった他,gm1.5倍,rp1/1.5倍程度に改善されました。この特性は,先に開発された中μ系の単管6/9R-A6と比較すると,μはほぼ同じですがgmがやや低く,また最大定格も概ね20%低くなっています。また,出力部のユニットは同時期に東芝により単独管化され,最大定格を概ね20%UPした6/9R-A9(μ15)が発表されました。

(モデル)

東芝,NEC(新日電),日立,双葉のサンプルがあります。東芝は出力部プレートのかしめが4点で,6R-A9(8)と比べるとラフな作りである。NEC(新日電)8点となっている。G1フィンの無いモデル(NEC)もあります。

(その後)

日立の他,この球はNEC(1961),東芝(1961),双葉など各社で一斉に生産され,特に9V管は国産TVには最も多く使われました。松下だけは1968年保守市場を狙って他社の球を作り始め9R-AL1も生産しました。今日では多量のストックが市場に姿を現すことはありませんが,この球はTV以外に用途がないため,ときどき店先に埋もれているのを見かけます。オーディオに流用するには,他の中μ管と同様に高圧をかけないと出力はとれません。

サンプル

真空管の索引に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO