6WC5
更新2003.2..26
写真 準備中
種類 周波数変換用傍熱型7極管
解説

6W-C5はのラジオの周波数変換用に設計されており、米国6SA7-GTのST管版とされますがヒーター違いによるわが国の独自規格球。一方の6W-C5Aは6SA7-GTとヒーター電力をあわせています。
6W-C5,6D6(6C6),6Z-DH3A,6Z-P1,12F(42,80)という組み合わせでスーパーラジオの形式のほとんどを占める黄金のラインナップを作り上げた。
12W-C5は,12W-C5,12Y-V1A,12Z-DH3A,12Z-P1A,36Z-K12のホーム・スーパー・シリーズとして2匹目のドジョウを狙ったがほとんど普及せずに終わりました。

3W-C5は6W-C5のヒータ電圧2.5V版で,戦前のスーパーラジオの保守用球として開発されています。なお米国6SA7/6SA7GTの系列には2.5Vの相当球はありません。

6W-C5はのラジオの周波数変換用に設計されており、米国6SA7-GTのST管版とされますがヒーター違いによるわが国の独自規格球。一方の6W-C5Aは6SA7-GTとヒーター電力をあわせています。

サンプル

真空管の索引に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO