33GY7A
2004.6.13
種類
用途

33GY7は米国で1963年頃に誕生したもので,ビーム出力部には6DQ6Bクラスのユニットが入っています。東芝は33GY71963年に国産化しています。NEC1965年に製造しています。開発時期は不明ですが改良型33GY7Aはビーム出力管部の低電圧領域の特性のバラツキを無くすためにより低電圧領域のゼロバイアス電流特性(Eb50V)を規定したものです。国内でも製造された模様ですが使われたかどうかは不明です。

サンプル

真空管の索引に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO