27GB5
2004.11.20

種類
メモ

Philipsが開発したマグノーバル管初の水平偏向出力管。1961年頃。これまた斬新な設計。キャビトラップ・プレートを初めて採用。高パービアンスで,低電圧大電流型。低+B領域の性能は後の米国の6JS6Aクラスに匹敵する。EIA6GB5は日本のJIS名に似ているが,日本では5番は欠番。

サンプル

真空管の索引に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO